c0198427_215135.jpg

歩道が落ち葉で埋もれています。もうすっかり秋。

19日夜、スクービーは旅立ちました。16歳と27日。最期まで力一杯生きました。
しっかり抱っこしている私のことをじっと見つめて逝きました。

楽しい思い出がたくさん。一緒に時間を過ごせて本当に幸せでした。
きっと彼も同じ気持ちだと思います。

スクービー、たくさんの幸せありがとう。

悲しすぎて言葉が見つからないのですが、スクービーを応援して下さったみなさまありがとうございました。

私の大好きな写真。これを最後の写真として残すことにします。
c0198427_3144239.jpg

[PR]
# by waggingtails | 2012-10-21 02:30 |
c0198427_1364535.jpg

今週末もお天気続きでした。今日のスクービー。
食欲がやっと出て来て一度に食べる量をコントロールすれば、吐く事もなく落ち着いているようです。

先日獣医さんに行って食事の相談をしてきました。本来なら腎臓に負担をかけない特別食を与えるべきのようですが、「何でも好きな物を食べさせて良い」と言われてしまい困惑。
もういつ逝ってもおかしくない病状は変わらないんだそうです。
「本当に?2階にひとりで駆け上がってきますけど・・」これには獣医さんもびっくり。

そういうわけで、スクービーの食事は完全手作り。
腎臓、すい像に負担をかけないようにタンパク質・カルシウム控えめ。肉よりも魚中心。
玄米にほうれん草やブロッコリのみじん切りを混ぜてます。
それからアイスクリームを一口デザートで。これは退院してすぐに食べてくれたもの。
食事は1日に6〜7回にわけて、本当に少量ずつあげてます。
水分をきちんととるように。飲む量が少ないと思う時は、スポイトで口に入れてます。
[PR]
# by waggingtails | 2012-10-08 01:58 |
c0198427_17583899.jpg


Fluid therapyの治療で入院中のスクービー。左手には点滴の針がはいったままなので包帯ぐるぐる。
辛そうで悲しいです。

薬の効き目よりも、副作用の方が強いようなので無理矢理退院。
検査結果の数字によってではなく、あくまでも飼い主の判断。
病気の老犬ときちんと会話できるのは、獣医さんではなくて私です。

退院してからは、「息してる?」が、生きてることの確認のような日が続きましたが、先週末くらいからやっと好きな物だけは食べられるようになりました。

週末のスクービーは庭で一瞬の晴れを見逃さずに日光浴。
c0198427_1871419.jpg

治った訳ではないので、残された時間を濃く過ごすことに重点をおいてます。
[PR]
# by waggingtails | 2012-10-01 18:12 |
ここ数日、嘔吐と下痢の症状が治まらないので獣医さんへ連れて行きました。
大事になるとは思ってなかったのですが。

血液検査の結果腎不全とすい臓炎の疑いですぐに処置しないといけないと電話をもらって、さっき病院へ送ってきました。

今日からとりあえず48時間入院予定です。
治す事は出来ないときっぱり言われましたが、薬が効いて症状を和らげて少しでも楽になってくれたらいいです。

今日もお天気だったので、庭で一緒にランチして、追いかけっこして遊んだり、私が本を読んでる足下でスクービーはひなたぼっこして、本当にいつもと変わらなく元気だと思ってた。
そんな自分がすごく腹立たしい。

土曜日はスクービーの16歳のお誕生日。家で一緒にお祝い出来るといいな。
[PR]
# by waggingtails | 2012-09-19 03:08 |
c0198427_22332099.jpg

毎日なんとなくテレビをつけていたので、オリンピックが終わって気が抜けちゃった感じ。

しっかり動いてたロンドンの電車も、終わったとたんに止まったり(=信号機故障)駅が閉まったり(=必要人員を確保出来ない)などで、すぐ元に戻った。
駅で電車が来ない・・と、掲示板を見たら「次の電車の行き先は電車の前に表示してあるから来たら自分で確かめて」みたいなメッセージが平気で出てる。この日常が恋しかったかも。

スクービーは、天気の良い日は外で遊びよく食べよく寝る。鳥、りす、ねずみ、猫が来ても、もう追いかけ回すこともなく上手に共存。
獣医さんに行ったら、新しい先生は若くてかわいい話のわかる女医さんで、スクービー&夫はニコニコ。これからは私ではなくて獣医さんへは夫が1人で連れて行くそうです。

夏の間は犬のイベントがなく静かでしたが、そろそろ何か始まるかな?
[PR]
# by waggingtails | 2012-08-14 22:38 |