c0198427_14473419.jpg

お世話になっているエステシャンの愛犬、ロッコ。
コトン デ テュレアールという犬種の8ヶ月の男の子。
おとなしく抱っこされてますが、恐ろしいほど落ち着きがない。好奇心旺盛のやんちゃ坊主。

施術ベッドの脇でじゃれて遊んでいます。エステ効果+かわいい子犬のセラピー?癒されます。
[PR]
# by waggingtails | 2012-02-29 15:00 |
昨年11月に行われた、恒例のロンドンドッグショウ「ディスカバードッグス」に出かけました。
c0198427_001955.jpg

あいにくの雨模様でも会場は屋内なので問題なし。中に入ると人の熱気と犬のにおいで嬉しくなります。
c0198427_015517.jpg

c0198427_031729.jpg

こちらではすごく珍しいめったにお目にかかれない柴犬くん。英語でも「しばいぬ」と呼ばれています。顔の感じがちょっと違う気がするのはイギリス生まれだから?
「こういうのを「醤油顔」と言うのよ」って友達に教えてあげたけれど、理解されなかった。と、いうか説明の仕方が悪いんだろうけど。
c0198427_04119.jpg

会場では各犬種クラブの方がそれぞれ工夫をこらしてブースを飾っています。そしてもちろん主役の犬達もいます。この子はボーダーテリア。
これから犬を飼おうと思っている人は、犬の気質や遺伝的な問題など質問出来ます。
回答してくれるクラブのメンバーはもちろんこの犬種の事なら何でも知っているので、実際に犬を触りながら詳しく様子を知る事が出来ます。
ママの膝に乗ってポーズをしてくれたのはフレンチブルドッグ。
c0198427_05251.jpg


c0198427_061033.jpg

英国ケンネルクラブには子供達向けのヤングケンネルクラブというのがあり、こちらも本格的なトレーニング、アジリティ、ショウなどがありしっかり審査されます。
小さい時から犬と生活しきちんとしたマナーやしつけを学ぶのはとても大切。犬だけでなく人の教育にも役立つと思います。
犬から教えられる事、たくさんありますよね。

この子は・・疲れてしまったのかな?ケージの上で布団をかけてもらって爆睡中。
c0198427_071959.jpg


c0198427_08931.jpg

ドッググッズやフードのお店、そしてたくさんの犬のチャリティークラブが出店しているので、犬だけでなくお店を見て歩くのもまた楽しいです。

1年の最後を締めくくり大きなドッグショウで、これが終わるとクリスマス、お正月と続いて3月のクラフトショウが始まります。
[PR]
# by waggingtails | 2012-01-17 00:13 |
c0198427_2334394.jpg


ロンドンにはたくさんの美術館があります。どんなに頑張っても一日ではとても廻れないほど。

数ある絵画のなかには、かわいがっている犬達が皇族や貴族のポートレートに一緒に描かれていたり、狐狩りなどのシーンにはたくさんの猟犬が登場しています。
人はどうでもいいけど、犬が見たいという方にはケンネルクラブに併設されている美術館(要予約)がおすすめです。

上の絵はSirランドシーアが1830年代に描いたランドシーア犬種の「ボブ」
本来はテートギャラリー所蔵ですが、ケンネルクラブに長期貸し出し中です。
実際の絵は2メートル以上ある大きな物で、それだけでも迫力ありです。

ランドシーアはニューファンドランド種で、その中の頭と鼻が黒いのだけが独立してランドシーアと呼ばれるようになったそうです。

ボブはテムズ河で遭難した飼い主を2回(2回も河に落ちる飼い主って??)その他にも合計27名もの尊い命を救ったそうです。
その活躍をたたえて勲章こそはもらえなかったものの、生涯食べるのに困る事はなかったということです。

おまけ
c0198427_4521535.jpg

ランドシーアはトラファルガー広場にあるライオンのデザインをしたことでも有名。
ネルソン提督像を囲むライオンは銀座三越のライオンのモデルですね。
[PR]
# by waggingtails | 2012-01-14 23:47 |
閉じこもりで、犬ネタがない。。。
なんて・・かなり放置していたので、今年こそは定期更新したいです。

スクービー、15歳の誕生日を過ぎてここ半年は、元気だけれどあっちこっちガタが来てるってところでしょうか・・右前足はだいぶ曲がっちゃったし歩く時はいつもびっこ。
時々すれ違う人が「あなたの犬ビッコ引いてるよ。大丈夫?」と声をかけられる事が多いこのごろ。

ウエストハイランドホワイトテリアクラブの方と老犬についてお話する機会があったのですが、「人間だって60過ぎればいろいろ病気があっても不思議じゃないでしょ?犬も同じ。15歳過ぎてればどこか悪いのが当たり前よ。」と、がつんと言われてとても気が楽になりました。

今は前よりもずっと私とぴったり一緒にいることが大事らしく、とにかく家にいる時は絶対にそばを離れません。外出する時は気がつかれないようにそーっと出かけるほどです。あとで私が家にいないのがわかると、がっかりして2階のベッドでふて寝してるようです。

そんな老犬スクービーをひとり置いて出かけ、他の犬の写真を撮ったり遊んだりする事に私自身が罪悪感を持ち始めてしまいました。
15年付き合ってると、行動や感情が手に取るようにわかるし、がっかりした顔、嬉しい顔、泣きそうな顔と、それぞれはっきり区別がつきます。寂しい思いさせてる?
「目は口ほどにモノを言う」人も犬もおんなじ。

クリスマスが終わって、子犬を散歩させている人をよく見かけます。プレゼントかな?
慣れない手つきでリードを持っている姿が微笑ましいです。

まっ、今年も明るい犬話たくさん書けるといいです。
c0198427_442766.jpg

写真はチョコレート屋さんのウィンドウ@パリ
[PR]
# by waggingtails | 2012-01-14 04:05 | 暮らし
c0198427_18525163.jpg

あけましておめでとうございます
健やかで楽しい一年になりますように!

元旦、寝起きのスクービー。
ニューイヤーイヴは除夜の鐘じゃなくて、花火の音があちこちで響いてました。
耳が遠くなったおかげで花火の音も全く聞こえないようです。

2012年をスクービーと迎える事が出来て感謝。
[PR]
# by waggingtails | 2012-01-02 19:01 |